人生のシナリオ創り|メンタルヘルスカウンセラーヒナ

完璧主義

LINEで送る
Pocket

中学生の娘が

 

最近学校を休みがちで

 

小児心療内科を受診した。

 

特別行きたくない理由は

 

見当たらないものの

 

完璧主義と人の目を気にしすぎて

 

過敏になり、腹痛に悩み

 

不登校になりたくないと

 

娘の意思で病院に行った。

 

心理検査というのがあるらしく

 

いわゆる、発達障害などの検査が

 

あるらしく、薬で改善が見られなければ

 

検査をしてみようという話になった。

 

僅かな時間に、AD(アスペルガー)の

 

本を読んでいたら

 

直ぐに先生に呼ばれ

 

優しそうな先生で安心した。

 
 
 

大人から子供まで診察してくれる

 

クリニックだったので

 

人は割と多かったように思う。

 
 

原因がはっきり分かれば

 

アプローチしやすいのだが

 

本人も良くわからない状態なので

 

行って安心感を得ることが

 

出来たかもしれない。

 

それにしても、

 

完璧主義、神経過敏、正義感が強いって

 

私のDNAをダイレクトに受け継いでしまった。

 

ただ、私の時代は放置もしくは

 

精神病院しか無かった。

 

今の時代はさほど敷居は高くは無い。

 

本人の意向を優先し、

 

症状が緩和されたら

 

不安も多少なりとも、安心に変わる。

 
 

私がメンタルヘルスカウンセラーに

 

なったきっかけも

 

変わった子扱いされ

 

自己肯定感が尋常じゃないぐらい

 

低すぎて、自力でなんとかするには

 

限界を感じたから。

 

もう、過去の呪縛からは

 

解放されたものの

 

一人で背負うには限界があった。

 

知識だけでなく

 

実体験に基づきながら

 

自分と誰かを区別せずに

 

大差ないと思えるまでにはなった。

 

ざわざわした音も

 

随分鳴き止んだ。

 

このような経緯から現在に至る

 

隠す方が生きづらいのは

 

世間体を気にして

 

比較するからに過ぎない。

 
 

可哀相なんかじゃなく

 

憐れんでる暇があるなら

 

早く身体のサインに気づき

 

目に見えない心理を

 

考察していく。

 

 

弱くて、情けないと嘆く前に

 

強さと弱さを兼ね備えてこそ

 

しなやかになっていく

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

次の記事へ

SHARE
PAGE TOP